魚が病気になる原因

       スポンサードリンク

熱帯魚病気

生き物の全てが病気になったりするように、熱帯魚を飼うと決めたら病気にかかることも、覚悟しなければいけません。

人間や犬、猫などの動物なら病院などがあります。しかし、熱帯魚には病院がありませんから、飼育する私達が気をつけてあげなければいけません。

しかも、熱帯魚の病気の殆どの原因とは、なんと私達が飼っている人間が作り出していると言われています。

病気の原因には水質の悪化によるストレス、そして水換えや新規に魚を導入した時に起こる水質の急変・急激な水温変化、 さらに新しい魚が持ち込んだ…、また病原菌が含まれた水の持ち込みなどなど。

その他にも網ですくったときや、喧嘩などによる外傷から起こる細菌の感染などもあります。

このように私達が改善してあげられる事が多いのです。

その為、病気を発見したらまずは、このような原因を改善してあげるようにしましょう。

原因の1つにあげられている水質の変化とは、多くの人が病気と間違っている原因の1つでPH(ペーハー)ショックと言われるものです。

熱帯魚にもその魚に合った水質があります。

例えばゴールデンテトラやべラズテトラなどの場合には、弱酸性から中性(PH6.2〜7.0)が合っていると言われます。

また、グッピーなどは中性〜アルカリ性(PH7.0〜7.6)というように熱帯魚と大きく呼ばれていても、合う水質はバラバラです。

PH(ペーハー)ショックは、水質が合わない場合に熱帯魚の元気が無くなったり、または死んでしまうこともあります。そのため、病気とも間違えられることも多いようです。

くれぐれも水質のチェックは、欠かさないように気をつけて下さい。

posted by ねったいぎょ at 13:48

| 熱帯魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。