熱帯魚の病気 尾ぐされ病

       スポンサードリンク

熱帯魚の病気で怖い病気に、『尾ぐされ病』があります。

熱帯魚の身体が白い綿をかぶったようになったり、尾ひれが、なんと溶けてしまったりすることまであります。

そういう症状以外にも、ヒレの付け根が、赤くなったり、また、眼の色が白くなったりなどの症状が出ることもあるようです。

『尾ぐされ病』の原因は、魚の身体に細菌が取り付いたことにより病気になってしまう事が原因です。

この細菌は、常に水槽内にいます。

そして元気であれば、熱帯魚の体には、取り付いてしまうことはない菌なのです。

でも、水質の悪化や、餌のあげ過ぎなどで、水槽が汚れた為に、免疫が落ちてしまうと、この細菌が取り付き、病気になる…と言われています。


『尾ぐされ病』が、まだ軽いうちでしたら掃除、ろ過の交換などで治る事もあります。

でも、やはり、熱帯魚ショップなどで『効く治療薬』を聞いてみてください。

熱帯魚を購入する時に、必ず、その熱帯魚の性質、そして、その魚に合った水質を、きちんと調べて購入してくださいね。

また、定期的に水槽の掃除、ろ過や水質などの確認をする事によって、殆どの病気に、かかりにくくなりますので、まずは清潔に!…ですね。

posted by ねったいぎょ at 10:26

| 熱帯魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。