熱帯魚の『病気対処法』は?

       スポンサードリンク

熱帯魚病気の原因は、たいていの場合は、飼育環境が悪い時などに、発生するようです。

また、新しく入れた魚とか、水草を水槽に新たに入れる時も注意しないと、新しい魚が病気になっていたり、水草などに菌が付いていたりすると他の魚も病気になる原因と、なります。

しかも悪いことに、熱帯魚の病気は、結構やっかいなものが多く、病気の進行具合が早かったり、伝染性があったり、死んでしまうことにつながったりします。

もしも、病気に早めに気付けたのなら、トリートメントタンクなどを使って、病気の発生や進行を抑えるように他の魚と隔離しましょう。

トリートメントタンクとは、新しく飼う魚や、病気になった魚の検疫をするために隔離して入れておく水槽の事です。


posted by ねったいぎょ at 13:17

| 熱帯魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。