熱帯魚の病気について…3

       スポンサードリンク

サイクロキューター』とは、食欲をなくしてしまい、動かなくなったり、出血斑のようなものが出たりする病気です。絨毛虫の寄生が原因です。

また、伝染性が高いため、発見したら、即、トリートメントタンクに移して、薬浴させましょう。


背こけ病』とは、大型の魚が痩せてきて、背中の肉がおちてきます。

内蔵疾患が影響している病気のため、こまめな水替え、そして栄養価の高い餌を与えて、体力を回復させましょう。


ディスカス病』とは、ディスカスの体表から、白く濁った粘りのある液体が分泌されてくる病気で、別名として『ディスカスエイズ』とも呼ばれています。

pHを5位まで下げた水に、治療薬を入れて「薬浴」させましょう。

何度も水替えをして、水質を維持する事が大切です。

posted by ねったいぎょ at 11:06

| 熱帯魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。