熱帯魚の注意が必要な病気

       スポンサードリンク

熱帯魚を飼う上で、注意が必要な病気について。

熱帯魚を病気にしてしまう細菌の中で、一番注意が必要なのが『エロモナス病』と言うものです。

とにかく病気の進行速度が速くて、1日で死んでしまうこともよくあります。

死んでしまった後の死体を観察してみると、体の一部に穴が開いていて、そこが充血していることが多いそうです。

主な症状としては、呼吸が荒くなりヒレや体表が充血してきて、水平感覚も無くなるために、水面近くでフラフラするようになります。

そして、症状が重くなってくると、体に穴が開いてしまう事があります。

この病気は、初期状況ならともかく、中期・末期に入ってしまうと、投薬しても間に合わないことが多いので、感染を防ぐ為に、発病した熱帯魚を隔離して、本水槽にはパラザンDを規定量の半分くらい入れて様子を見るといいでしょう。

病気になった熱帯魚の方は、トリートメント水槽に入れ、パラザンDを症状に合わせて半分から規定量いれて治療をします。

エロモナス病にかかってしまった後の飼育の仕方は、餌は口元まで持っていき与えてみましょう。餌を食べるようなら望みはありますが、食べないようだと悲しいですが完治は難しいです。

熱帯魚のヒゲやヒレががとけたりするのは、カラムナリス病(尾ぐされ病)の発病が殆どと考えられています。

この尾ぐされ病の初期の時には、寄生虫がついている訳ではないようですが痒がり始め、気付かずそのまま放っておくと、ヒゲやヒレが固まってきたり解け始めたりし、元気もなくなってくるそうです。

これ以上に進行が進んでしまうと、抵抗力が益々無くなりエロモナス病を併発したり、ヒゲやヒレが完全に無くなって餌が食べられなくなり、死んでしまったりすこともあるそうです。

すぐには死なない病気ではありますが、油断は禁物です。

病気が発生したら、すぐに水槽環境を見直しましょう。

タグ:熱帯魚 病気
posted by ねったいぎょ at 12:45

| 熱帯魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。